ホーム  > ソリューション  > 居室介護住宅改修・介護予防改修工事

居室介護住宅改修・介護予防改修工事

階段などでよろけたり、ちょっとした段差でつまづいたり。

年齢を重ねると運動機能力や感覚機能の低下など身体の機能には様々な変化が生じてきます。

家庭内での事故死の状況をみると、浴槽での溺死や転倒、階段からの転落などの事故が多く

住宅環境に大きな原因があるといえます。

とはいうものの、事故を恐れて身体を動かさないでいると、更に体力を低下させ日常生活を楽しむこともできなく

なってしまいます。

不都合や不便を感じたら、住宅改修を考えてみませんか。

田代設計工房では、お客様に快適な生活空間をご提案するために、色々な視点から安全性を考えていきます。

 

・階段の解消などの住宅改修

段差に躓くと転倒して、骨折し寝たきりになることも。段差をなくしたバリアフリーなど安全性を高め

事故防止に努めましょう。

 

・自立度をアップさせるための住宅改修

今介助が必要なのは、住まいに問題があるかもしれません。住宅に少し手を加えることによって

自分でできることが増えれば、行動範囲が広がり元気に生活できます。

 

・介助者に心のゆとりができる住宅改修

動きにくい住宅での介助は、介助者に負担がかかりがちです。

上手なリフォームで介助者の負担を軽くすることもできます。